読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されどきのぶろ。

元ホテリエのアラサー女のやるせないブログ。 雑記を中心に、ホテル・結婚式・アニメゲーム・ブログ作成・資産運用の事などをほざきます。

逃げるは恥だから、逃げられなかった話。

雑学

綺麗な話ではないので、無理と思ったら離脱してほしい。きっと話の展開は読めるはずだから・・・当時の私のように。

 

  • 戦慄のカウントダウン
    • あんこ、いんこの次に来る物
    • 少年無事、た行に到達
    • 最後のカウントダウンが始まった
  • 戦いが終わって

 

一人で病院に行った。

 

馬鹿は風邪をひかないとはよく言ったもので、私はこれまで大きな病にかかったことがない。それゆえ比較的病院とは縁の薄い人生を歩んできたつもりなのだが、三十路を過ぎてから事情が変わってきた。この一年でもう5回は病院に行っている。これが万人から「うわっ、多い!」と感じてもらえる数字とは到底思えないが、少なくとも私にとっては未だかつてない数字なのだ。

 

先日も皮膚科に行ってきた。蚊に刺された所が尋常ではない程痒く、耐えられずにかくと痒い場所がどんどん広がるという謎の症状に苦しめられ、嫌々半分喜々半分に会社を休んで病院に足を運んだのだ。

 

近所の皮膚科は平日だというのに朝から満員だった。個人経営の病院ゆえ規模も小さく、用意されたソファーでは足らずに立ったままの患者がひしめき合う受付ロビーだったが、人数に反してその空間は静かな物だった。

 

時計の秒針が進む音、そして会計の応答と次の診察患者を呼ぶナースの声がたまに響くくらいの静かな空間内で、皆ボーっとしているかスマホを弄りながら自身が呼ばれるのを待っている。ソファーを確保できたことに喜びを感じながら私もスマホを操作していた。

 

――――と、そこに5歳位の男の子とその母親と思われる女性が入ってきた。見るからにやんちゃそうなその子もこの空間の雰囲気に飲まれたのか、この後控えている診察内容に緊張しているのかは定かではないが初めの10分間は大人しくしていた。

 

が、しかし子供は子供。徐々に落ち着かなくなってゆき、ついには声を発し始めた。

 

私はまだこの後の地獄絵図を知る由もなかったが、静寂に包まれていたロビーに「あんこ、いんこ」と少年の声が響き渡り始めた。

f:id:kanos321:20161201130947p:plain

続きを読む

ブログの自然消滅を回避するにはどうすればいいのか考えてみた。

ブログ作成

前回の更新が10月21日。

 

な、なんと一か月以上放置しているではありませんか。その間、トランプ大統領が誕生したり、ガラケーしか使えなかった母がIphoneデビューしたり、サハダイヤモンドが上場廃止になったり、東京で11月に積雪があったりと予想だにしなかった様々な事が起きましたが私は元気です。

 

立ち上げ当初「毎日更新頑張るぞ!」なんて言っていた自分が懐かしい。正直な話、月10記事を切り出した辺りからうすうす気づいていましたが「毎日更新」は継続不可能な目標でした。

 

しかし、1ヶ月間更新なしとなるとさすがに笑えません。自然消滅一歩手前です。

 

今日はそんな危機的状況が生み出されてしまった言い訳をつらつらと書いていきます。そしてその醜い言い訳の中から最終的に「どうすれば自然消滅を回避できるのか」を見出すことが出来たらと思っています。タダでは転ばないぞ!

 

立ち上げから半年。予告なく消えていったブログを数々見てきました。出来る事ならそんな悲しいお別れは避けたいもの。

 

沈黙していた間、読者様が増えたり言及して頂けることもありこうしてはいられないと思いキーボードをたたいています。病み上がりの調整記事と思って頂ければ幸いです。

 

今日はそんなお話。あぁ、書き口調忘れちゃったよ。

 

 

f:id:kanos321:20161115232737p:plain

 

続きを読む

無理矢理な「電話番号の語呂合わせ」をまとめた結果、自信喪失した。

雑学

たかが電話番号、されど電話番号。

 

人々の記憶に深く刻みこまれた電話番号を保有する企業は、マーケティング上において一歩抜きんでた存在となります。

 

例えば以下の電話番号はどこの企業の物かわかりますか?

 

  1. 0120-117-117
  2. 0120-828-828
  3. 0120-489-444

 

正解は

  1. アリコ(現:メットライフ生命保険)
  2. 株式会社やずや
  3. 劇団四季

 

利用したことがなくても答えられた方結構多いのではないでしょうか。そして、電話番号を消費者の脳裏に刷り込む為の技法、それが「ゴロ合わせ」です。

 

上の例でいえば

  • 「いいないいなアリコ」
  • 「やずややずや」
  • 「予約しようよ」

とサービス内容と共に直感的に電話番号を覚えることができるフレーズというのがポイントです。

 

また、他にも親しみやすいメロディーと絡める手法があります。「0120-333-906」はゴロ合わせにはなってはいませんが、美輪明宏さんの歌声とともにDHCのCMがパッと頭に浮かんだ方も少なくないはず。

 

さらに少し古いですが「0120-100-100」のダスキンのCMは当時100歳の双子金さん・銀さんをCMに起用しました。「100歳100歳」というフレーズは決してサービス内容と一致してはいなかったけれど、インパクトが抜群ゆえ語呂合わせとして覚えてしまった方も多いことでしょう。

 

さて、ここまで挙げたこれらの電話番号は言ってみれば全て成功例です。若干手法の違うものがあれど、覚えてもらいたいという願望を見事に叶えています。

 

しかし、表あれば裏もある。

 

世の中には「覚えてもらいたい」という気持ちばかりが先行し暴走してしまった結果、非常に残念で無理がある内容のゴロ合わせが乱立している事が、調べていくうちに判って来ました。

 

今日はそんなお話。

電話番号の語呂合わせに無理のあるサービスが切なすぎる。

続きを読む