されどきのぶろ。

元ホテリエのアラサー女のやるせないブログ。 雑記を中心に、ホテル・結婚式・アニメゲーム・ブログ作成・資産運用の事などをほざきます。

サイトリストに含まれていないサイトで広告コードが検出されましたというパワーワードが出たら。【はてなブログ】

f:id:kanos321:20190324234643p:plain

 

※この記事は私と同様「はてなブログ」を使用しているブロガーさんに参考にはなるかと思います。

 

アドセンスをチェックしているとgoogleさんからメッセージが来ていることがありますよね。先月の売り上げから収益が〇〇%減少しましたといった悲しいお知らせや、売り上げUPの提案などその内容は様々あるのですが最近になってちょっと気になるメッセージが表示されるようになったので調べてみました。

 

 

そのメッセージとは・・・こちら。

 

f:id:kanos321:20190319224413j:plain

 

 

 サイトリストに含まれていないサイトで広告コードが検出されました。

謎の警告文に怯える

f:id:kanos321:20190319223221j:plain

はい。上の画像のようなメッセージが頻発するようになり、さすがに無視できなくなってきました。複数のブログを扱っており、いずれもアドセンスにサイト追加登録したはずなのにはてさて・・・。

 

一番怖いのはこの件でグーグルさんから目をつけられアドセンスアカウントが停止されてしまうこと。私には何の心当たりもないのですが、最終的には自己責任という言葉で片付けられそうなので自分でなんとかせねば。大げさかもしれないけどね・・・。

 

最初は「誰かが私のアドセンスをどっかのページに貼ってくれてるのかしら」と考えたのですが、わたくしめのブログごときにそこまで献身的なファンはきっときっといらっしゃらないはずなのでおそらく違うかと。

 

原因となっているドメインの正体は・・・

アドセンスからのメッセージをよく見てみると(メッセージの「操作」リンクをクリックすると詳細が出てきます。)、問題のアドセンス未登録サイトのドメインはhttp://blog.hatena.ne.jpということが判明。

 

 

あれこれ「はてなブログ」のURLじゃないですか。

 

 

しかも「https」になっていない所を見ると、最新のはてなブログ関連でないことがわかります。というわけであれこれ色々と怪しいURLを探しまくった所、紆余曲折を経てついにその場所を発見することができました。

 

割と時間かかったんですが割愛します。

 

ここがサイトリストに含まれていないサイトだ!

f:id:kanos321:20190325000830p:plain

 

 

お判りいただけただろうか。

 

当ブログは独自ドメイン(kinoblo.com)を使用しているのですが、はてなブログの編集ページのURLを見るとブログ作成時に作った、はてなブログドメインのURL(http://blog.hatena.ne.jp/kanos321/zero-ipo.hatenablog.com/)になっているのです。

 

記事プレヴューを使用すれば、そのままアドセンス広告も表記されるのでこれが原因で間違いないでしょう。

 

結論

適当なことも言えないので一応検証。

 

しばらくの間、意図的にはてなブログ編集ページの記事プレヴューを使用せずにいたら例の警告メッセージがパタリと止まりました。

 

よってこちらのメッセージはとりあえずは無視してよしということがわかります。

 

警告メッセージが出て怯えていたはてなブロガーの方々はひとまず「はてなブログの編集ページ」を一つ疑ってみてください。それでは。