読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されどきのぶろ。

元ホテリエのアラサー女のやるせないブログ。 雑記を中心に、ホテル・結婚式・アニメゲーム・ブログ作成・資産運用の事などをほざきます。

平凡な小娘が、無謀にもお嬢様学校に進学するとこうなる8選

皆様ごきげんよう。

ロサ・キノンシス・アン・ブトゥン・プティ・スールのキノです。

 

 

なんのこっちゃわからない方が速攻で去って行ってしまいそうので冗談はここまでとして早速本題に入るとしましょう。

 

記事タイトルの通り、私は中学高校時代にいわゆるお嬢様学校に通っていました。ごく普通の平凡な家庭だったのだけど、両親はかなり無理をしてくれたのでしょう。入学が決まった時は喜んでもらえたし、私自身もお嬢様学校という響きに歯がゆくも、誇りに思ったものでした。

 

しかし、子供ながらにあまりに場違いな気もして初登校の時はそれはそれは緊張し、前日は一睡もできなかったし、校門前で足ががくがくと震える・・・その感覚は今でもはっきりと覚えています。

 

案の定、同級生は筋金入りのお嬢様ばかり。日々カルチャーショックを受けながら学園生活を過ごし、それらの一つ一つの経験は思春期真っ盛りな当時の私の人間形成において、大きな影響を及ぼしたと言っても過言ではありません。

 

そもそも中学受験というと、本人よりも親の意思である程度学校が決まる傾向にあります。当時の思い出を振り返りつつ、子供から見てどう感じたのか、そして卒業後十数年経った今どう思うのかを書いていくとしましょう。

 

今日はそんなお話。

f:id:kanos321:20160902224358p:plain

周りとのギャップに苦しさ半分、楽しさ半分。

Lecture1:周りの学生がどれくらいのお嬢様なのか。

一言で「お嬢様」といっても、人それぞれ「お嬢様の定義」が違うと思うのでまず触れておかねばなりません。

 

  • 「マクドナルドを利用したことがない」
  • 「クレヨンしんちゃんを見せてもらったことがない」
  • 「駅のホームにある水飲み場を利用するような人とは、仲良くしてはいけない家庭方針」

 

など常識では推し量れないレベル(※あくまで個人の感想です)の究極のお嬢様もいましたが、それは極一握りといっていいでしょう。

 

  • 話し方、立ち振る舞い
  • 趣味思考
  • 所有物 

 

など判断基準は様々あるかもしれませんが、良い意味でも悪い意味でもこれらだけではとてもお嬢様と思えないような人も沢山いました。つまり実際に関わって話をしてみると、まったくもって普通の人が多かったのです。

 

そこで、記事を書くにあたってお嬢様の定義の概念を考えてみたのですが「お嬢様の定義=親の仕事がすごい」という結論に至りました。確か学生名簿の名前と住所の横に親の仕事内容という欄があったような。

 

当時、正確に統計を取ったわけではありませんが「医療系」に親が関わっているケースがやたら多いのです。内科、外科、皮膚科、歯科、美容外科、獣医などバリエーションも豊富で、仮に通学中何らかの怪我や病気に見舞われてもクラスメイトの誰かに頼めばなんとかしてくれそうな頼もしさがありました。さらにその他経営者、官僚、博士、芸術家、芸能人などそうそうたるメンツがひしめき合っている。そんな感じです。

 

もちろん、私のように上に当てはまらない家庭もありましたが、少数派だったのは間違いありません。先程も述べたように、いざ話してみると意外と普通な彼女達でもバックボーンはやたら凄い。

 

Lecture2:家に遊びに行くと、格の違いを見せつけられる。 

一般的に仲良くなると、家にお呼ばれするというのはよくある話です。私も学生時代、数々の友人の家に遊びにいったものですがここでまず衝撃を受けました。

 

例えば、友人の家にエレベーターがついていて驚きます。目的階のボタンを押して扉が開くと、そこが子供部屋だったりするのです。我が家においては、部活に疲れ果てた日もどんなに眠くても、階段を上らなければ己のベッドにたどり着けない。全くうらやましい限りでした。

 

その他、珍しいペットを飼っていたり、家にトイレがいっぱいあったり、お手伝いさんがいたり、庭に池があったり、自家用船に乗せてもらったりと、様々なご家庭で目にした経験した事が非常に刺激的なものばかりだったわけです。

 

「プレイステーションを起動するにはお父様の許可が必要」というハウスルールが存在する家庭もあり、友人と一緒にそのお父様にお願いをしに行った経験もありました。

 

このようなカルチャーショックを受ける一方、平凡な我が家には人を招きづらいという弊害もありました。友人の「遊びに行きたい」という声に対して、何らかの理由をつけて断ることが多く、卒業までに我が家に足を踏み入れたことがある人は片手で数えられるほどでした。

 

Lecture3:そこに百合は存在するのか。

これに関しては「お嬢様学校だから」という方程式があまり当てはまらないのですが、よく聞かれるので触れておきましょう。

 

結論から言えば、同性愛は存在します。そういった人が集まるグループもあれば、憧れの的となるカリスマ性を持った生徒もいました。平凡な私ですら何度か同性から告白をされたことがあります。入学して最初に告白をされた相手は部活の大先輩でした。

 

彼女は非常にストイックな人物で腹筋がきれいに6つに割れていましたが、彼女から「腹筋あみだくじ」なる儀式をよくやらされていた事をこの記事を書きながらふと思い出しモヤモヤしています。 

 

「腹筋あみだくじ」のルールについては20分かけ作成した下の図をみて察してください。

 

f:id:kanos321:20170308122701p:plain

※適切な画像が見つからず、男性画像を使用しています。

 

庶民には到底理解できない戯れが、そこには存在していました。

  

Lecture4:夏休みの課題がいちいち優雅。

時期的に触れておきたいのが夏休みの課題。特に、同級生の作成する自由研究では毎年度肝を抜かれていました。「世界を一周して気付いた日本人の特性」「アフリカ縦断中に見た動物の写真集」などタイトルからして非日常感が漂っており、そのクオリティも高いものでした。ブログ記事であればおそらくホッテントリ入りしていたことでありましょう。

 

アサガオの成長研究ではとても太刀打ちできなかったわけです。

 

また、書道では「6文字以上使用して何か書け」という課題に対して「モルディブの紺碧」やら 「沈魚落雁閉月羞花」といったようによくわからないけど無駄に優雅な内容でした。習字は淑女の嗜みとでもいいたげにクオリティも高い。

 

一方私は不覚にも「6文字以上」のルールを無視して「平和」としたため提出し、そのいびつな2文字は翌朝から全校生徒の目に触れるように掲示されるという辱めを受け、心に傷を負ったのを忘れてはいません。

 

f:id:kanos321:20160904223446p:plain

 

Lecture5:勉学の成長スピードが異常。

これは、同じ境遇にある人にはぜひ注意喚起したい点です。ついこの前まで同レベルの成績だった友人が、受験シーズン前になると恐ろしいスピードで成長するので注意してください。

 

もちろん基本的には本人の努力による賜物なのですが、そこには予備校に通いつつ・通信教育をこなし・家庭教師で総仕上げをするといった金に物言わせた完全無欠なチートが存在します。

 

本当にあっという間において行かれるので、決して同じ感覚でのんびり過ごしてはいけません。ここは私自身失敗してしまったのですが、常日頃からコツコツと努力をしておくことが重要だと思います。庶民はどうあがこうと時間を加速することも、戻すこともできないのです。

 

f:id:kanos321:20160904231434p:plain

Lecture6:何が本当で何が嘘なのかよくわからなくなる。

お嬢様学校においては噂が嘘なのか、真実なのかよくわからなくなります。 

 

  • 「Aさんって芸能人の●●と友達なんだって」
  • 「Bさんの別荘は各都道府県にある」
  • 「Cさんって宇宙人らしいよ」
  • 「Dさんを怒らせると、退学になるらしい」

 

などどれも嘘っぽくも聞こえるし、どれも真実だとしてもおかしくない環境だったのでその見極めがすごく難しかった。中には「キノさんのお父さんは893」という謎の噂もあったのですが、それが嘘だということは唯一わかりました。

 

Lecture7:グレる人は一人もいなかったが、いじめは存在した。

売春や薬に手を染める人や、事件を起こすような人は少なくとも同学年にはいませんでした。悪い事といえば、せいぜい校則では禁止されている、学校帰りにカラオケやゲームセンター、喫茶店に遊びに行く程度の事で、当時世間で流行っていたルーズソックスは誰一人身につけていませんでした。

 

一方、残念ながらイジメは存在しました。カツアゲや暴行というものはありませんが一番多い内容は「無視をする」という内容だったと思います。結果として途中でリタイアしてしまう同級生は何人かいました。

 

中には入学して三日で来なくなり転校した人もいました。そして、そこはお嬢様学校。転校先が海外だったりとスケールは大きかったです。

 

なお、同じ庶民出身の子がお嬢様に張り合おうとして「虚実」を並べてしまい、それがバレる⇒無視されるようになる。というケースは見たことがあります。同じ立場の方がいらっしゃれば決して背伸びはしない方がいいです。

 

Lecture8:人脈は凄い。

親の仕事もさることながら、結果として本人もすごい経歴になっている人が多いです。配偶者を含めればその人脈力は相当なもので、私にはその気概も実力もないけれど、やる気と能力のある人ならその人脈を利用し起業や既存のビジネスに活用するというのも有りだと思います。その為かどうか知りませんが、公式のOG会はかなり年齢層の広い集まりとなります。

 

人によってはこのポイントが一番大きいのではないでしょうか。

 

f:id:kanos321:20160904225820p:plain

 

当時を振り返って考えてみると 

正直な話、これほどまでに場違いな学校になぜ私をいれてくれたのだと親に怒りをぶつけたこともあります。学校に行きたくなくなった時期もあるし、現実逃避からアンダーグラウンドな知識も増えました。

 

しかし卒業して十年以上経った今振り返ってみれば、貴重な経験をさせてもらえ勉強にもなり、精神的に成長もできたと思っています。その世界を知らなければ、私は井の中の蛙になっていたかもしれないのです。

 

お嬢様学校とはいえ、私と同じように普通の家庭出身の同級生もいました。卑屈になり学校に来なくなってしまう人もいれば、張り合おうとして嘘をつき続けた人もいます。この世にはどんなに逆立ちをしようとも敵わない相手がいること、そして全ては本人の気持ちの持ちようなのだということを身をもって学ぶことが出来ました。

 

もし、今同じような環境にいる人、これから同じ境遇になる人。そしてご自身の子供をこのような道に進めようとしている人の参考になれば幸いです。そして最後に、苦労してまでこのような環境を用意しようと、並々ならぬ努力をしてくれた親には本当に頭が下がる思いです。

 

中学受験 失敗しない面接試験の要領 (面接対策)

中学受験は親が9割 [学年・科目別]必勝対策

 

 

マリア様がみてる Complete Blu-ray BOX (初回限定生産)

マリア様がみてる Complete Blu-ray BOX (初回限定生産)