されどきのぶろ。

元ホテリエのアラサー女のやるせないブログ。 雑記を中心に、ホテル・結婚式・アニメゲーム・ブログ作成・資産運用の事などをほざきます。

100のブログを巡って初投稿記事を調べてみたんだけど

 こんにちは。キノです。

 2008年と古いデータで大変申し訳ないのですが面白い物を発見しました。

 
2008年1月現在、インターネット上で公開されている国内のブログ(※1)の総数 は約1,690万(記事総数は約13億5,000万件。)、データ総量は42テラバイト (うち、テキスト情報は約12テラバイト(※2) ) 。
 
○ このうち、1箇月に1回以上記事が更新されているアクティブなブログの数は約 300万で、ブログ総数の2割弱に相当。
(総務省:ブログの実態に関する調査研究より引用) 

 

これによると、少なくとも今から8年前の時点で日本国内には1690万件のブログが存在し、その内300万件が一定の期間で更新されているアクティブブログであったとの事。それ以降の情報ソースが無いので非常に残念なのですが、アクティブ・非アクティブを含めてカウントすれば現時点では8年前よりも当然増えていることが予想されます。

 

つまりは、日々膨大な数の文字の集合体がブログ記事として世に生み出されているわけですが、残念ながら個人の一生をかけてもその全てを読む事は間違いなくできないでしょう。ブログとは人の出会いと一緒で「縁」という要素もあるんですね。そう、あなたがこのブログにたどり着いたのも何かの縁なんです。

 

さて、そんなブログを運営されている方は記念すべきご自身の一個目の記事を読み返してみたことはありますか?  

 

今日はそんなお話。

 

f:id:kanos321:20160707182609j:plain

第一回目の投稿記事の傾向を探る。

まずば、皆様の第一回目の投稿記事がどんな内容なのか、それを知るためランダムに100のブログをめぐって調べてみました。 

 

ルール
  • 私都合のタイミングで、ランキングサイトである日本ブログ村に記事が投稿された新着ブログを上からただひたすら訪問してみる。
  • ついでにこれまでの記事数もカウントしてみる。
  • 過去ログがワンクリックで見られない構成のブログもあったので、それはカウントしない。


その結果は、以下の通りです。

 

なお、先ほど挙げた数千万・数百万のブログ数に対して100の統計ではとてつもなく頼りない感がありますが、ライトに受け止めてくださるとありがたいです。

 

それぞれのブログの初回記事内容の集計結果。

f:id:kanos321:20160707114338p:plain 

 

上のような結果になりました。てっきり私は「プロフィール記事・今後の抱負記事」が圧倒的多数だと予想していたので「いきなり記事」の意外な多さに正直驚きました。  ※いきなり記事とはその名前の通り、初回から自己紹介等をすっ飛ばして書かれた記事を指します。

 

f:id:kanos321:20160707182818p:plain

 

 

さらに分析すると、「いきなり記事」に該当する36件のブログ内訳は以下の通り。 

f:id:kanos321:20160707114415p:plain 

 

なるほど、商品・サービス紹介ブログにおいては「記事を書いた人がどんな人なのか」よりもアフィリエイト的には「1個でも多くの商品を紹介すること」に時間を費やした方が効率が良いのでしょう。また自身の備忘録目的で作成されたブログの場合は、今更自分に対してプロフィール書く必要もないわけです。

 


なんか結果に納得してしまった。 

 

各ブログの本日までの記事数をカウントした結果。

 f:id:kanos321:20160707115050p:plainf:id:kanos321:20160707121334p:plain

 

平均記事数は71.83とありますが、これは参考数値程度にとどめておいてください。理由は後述致します。 

 

上記の結果の中で特筆すべきは、10記事以下の59件のうち1記事のみのブログ・・・つまり出来上がったばかりのブログが全15件。さらに2記事のブログが12件あったという事実。また、カウントにはいれていませんが0記事と言うブログも3~4個ほど見つかりました。

 

つまり、結構なハイペースで新たにブログが生まれているのが判ります。  

 

 

冒頭ご紹介した2008年の数値とこのペースを組み合わせて考えてみると、現時点で存在するブログの数がとんでもない数になっていることが容易に想像できますね。2008年以降正式にカウントされたソースが無いのは、もはや多すぎて数えられないという理由があるかもしれません。

 

 平均記事数について補足。

ちなみに100件の内、最も記事が多かったブログは3000記事を超えてました。要は、この一つのブログだけで先程挙げた平均記事数を30記事ほど押し上げています。いかんせん集計数が少ないガバガバ理論なので目をつぶってください。
 
なお、3000記事ブログは2006年から運営開始でしたので、適当な計算でも年間300記事。ほぼ毎日更新されている計算になります・・・本当に尊敬に値します。
 

50記事以上続いているブログの比較をしてみた。

 

f:id:kanos321:20160707122632p:plain  

 

初回記事がプロフィールのブログの方が多い。

上の結果からは更新記事数が多いブログ=初回にプロフィール記事を投稿しているブログの方が多いことが見えてきます。最初に自己紹介と今後の方針を語ってしまった以上、書き続ける信念が強くなる傾向があるのでしょう。

 

と、このようにちょっと調べてみただけでも、それぞれのブログの背景が見えてくるようでとても興味深い。

 

どなたか1000、10000件で集計に挑戦してみてはいかがでしょうか・・・ 

 

最後に:実際初回記事を自分で振り返ってみると。

初回記事において「今後の抱負」を語っている場合に限りますが、いざ振り返った結果大きく分けて2つに分類されると思います。

 

 

1つは「最初の宣言通りの内容を現在も保っている人」

 

1つは「当初の予定と、今現在の内容がずれている人」
 

 

私は、間違いなく後者です。

まず、最初の宣言通りの内容を問題なく保たれている方は、その調子でどうぞ今後も続けてください。突っ走って下さい。続いて、当初の予定とずれている方は、その間色んな思考を経てそのような形に進化したのでしょう。その変遷を振り返って楽しむのも面白いですね。

 

その一方で「最初の制約に囚われて、苦しいながらも嫌々続けている方」は要注意です。

 


例えば「毎日更新します」。

この宣言をひたすら守ってブログ更新が辛く面白くなくなってしまっている方。(それ過去の私です。)ブログを嫌いになっては元も子もありません。少し戒めを緩めてみるのはいかがでしょう。

 

話の展開がちょっと大げさかも知れませんが、それには理由があります。これまで仕事面・生活面・人間関係面で「最初の取り決め」に苦しめられている人を多く見てきました。そしてそのような方々は、責任感が強く・自分に厳しく・根性のある素晴らしい方々です。 

 

しかし、人には限界があります。

 

「辛くても3年は仕事続ける」という言葉に囚われて、体を壊した人もいらっしゃいました。「体重を1年で十数キロ落とす」という言葉に囚われて、ご飯を一切食べられなくなってしまった人も見てきました。


なんだかとってももったいない・・・。  


曲げない信念ももちろん大切ですが、それぞれ状況に応じて目標・方針を切り替えるという事も頭の隅っこに置いておくといいのです。

 

という訳で、ネタに困った時でもいいですし、50記事目・100記事目の記念記事でもいいと思います。時々、初回投稿記事を省みて、追記や書き直しをしてみるのはいかがですか? 

 

振り返ったときに「忘れてたこと」や「新しい発見」があるかもしれません。

それではばいばいキノでした。

 

ブログ運営に関連する内容の記事でアクセスが多めの記事はこちら。

ブログ初心者がアクセス数22万件に至るまで、集めたコツ全公開 - されどきのぶろ。

初心者がブログネタに困ったら、PRTIMESを使うと世界が広がる。 - されどきのぶろ。

100のブログを巡って初投稿記事を調べてみたんだけど - されどきのぶろ。

検索ワードランキングを調べたら、意外なルートが判明するよ。【ブログ作成禄⑧】 - されどきのぶろ。

あなたのブログは大丈夫?「読者になる」ボタンの設置の重要性を伝えたい:ブログ作成禄⑦ - されどきのぶろ。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 

  

ほったらかしでも月10万円!  ミニサイトをつくって儲ける法

ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法